イビサクリームに含まれる黒ずみ解消成分のトラネキサム酸

今はデリケートゾーンのケアも日常的に行われており、『イビサクリーム 』は大事な場所のケア用品として高く評価されています。とくに黒ずみ解消にも効果的なのが魅力であり、これには有効成分であるトラネキサム酸が関係しているのはご存じでしょうか?

今回は『トラネキサム酸とはどんな成分でどんな効果があるのか?』について、少し掘り下げて説明いたします。

イビサクリームの効果を左右するトラネキサム酸について

まず、トラネキサム酸の詳細を簡単に説明いたします。

トラネキサム酸の詳細と黒ずみ解消に使われるまで
トラネキサム酸はアミノ酸の1つで、元は湿疹の治療や止血に使用されていました。今現在も多くの医療現場で用いられており、安全性は高いです。
また、トラネキサム酸を含む内服薬にて顔面のシミが改善できたことから、現代ではデリケートゾーンの黒ずみ解消や美白目的で重宝されており、化粧品などにも使われています。

イビサクリームの主成分としても頼りになりますが、一部の薬にも使用されており、すでに触れたことのある人も多いでしょう。

それくらいメジャーで安全性の高い成分なので、敏感肌の人もイビサクリームならほとんど問題は起こりません。

トラネキサム酸は有効成分である点に注目

美白効果が期待できるイビサクリームは化粧品として分類されそうですが、薬事法により『医薬部外品』に該当します。これは単なる肩書きではなく、イビサクリームの効果を期待する上でとても重要な点です。

医薬部外品と化粧品には、以下のような違いがあります。

医薬部外品について
厚生労働省が認めた特定の症状に有効な成分が含まれている
医薬品よりも効果が緩やかで副作用が起きにくい
主に症状の進行防止や予防に役立つ
化粧品について
医薬部外品よりもさらに効果が緩やか
主に清潔さや容姿の美しさを向上させるのに役立つ

医薬部外品として認められるには有効成分の有無が重要であり、イビサクリームにはトラネキサム酸が含まれているからこそ、化粧品と違って黒ずみも解消できるでしょう。

なお、イビサクリームの有効成分は2つであり、トラネキサム酸以外にはグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。

そもそも黒ずみはなぜ起こるの?

イビサクリームに含まれるトラネキサム酸が効果的なのは分かりましたが、「なんでデリケートゾーンに黒ずみができるの?」と気になりませんか?

黒ずみの原因ですが、これには『メラニン』と呼ばれる色素が関係しています。メラニンは体内で作られる色素で細胞を紫外線などから守ってくれる一方、見栄えが悪いのが欠点です。

なお、メラニンは紫外線以外にも、以下の理由で発生します。

  • 下着の締め付けによる摩擦や蒸れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ターンオーバー機能の低下
  • 加齢

メラニンは『肌への直接的な刺激』でも発生してしまうため、1日中圧迫や摩擦が発生するデリケートゾーンは、どうしても黒ずんでしまいやすいでしょう。

また、デリケートゾーンをゴシゴシと強い力で洗ったり、間違った方法で無駄毛を処理したりしても、黒ずみが発生するのです。

トラネキサム酸が黒ずみを直すまで

さまざまな理由により発生するデリケートゾーンの黒ずみですが、これはイビサクリームに含まれるトラネキサム酸により改善できます。トラネキサム酸がどのように黒ずみへ作用するかについては、以下の通りです。

  1. 刺激などによりメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを作る
  2. トラネキサム酸を含んだイビサクリームを塗布すると黒ずみを発生させるメラニンの働きをブロックできる
  3. 継続して使用することでほかの成分も浸透し、デリケートゾーンが綺麗な色に戻る

このように、トラネキサム酸はイビサクリームに含まれる成分の中でも、とりわけ重要な存在になっています。

有効成分として大々的に掲げられているように、トラネキサム酸があってこそイビサクリームは力を発揮できるでしょう。

イビサクリームはデリケートゾーン以外の黒ずみにも使える

トラネキサム酸はデリケートゾーンの黒ずみを解消するだけでなく、『体の黒ずみやすい部位』ならどこでも効果的です。

たとえば以下の部位は黒ずみやすく、イビサクリームも力を発揮しやすいでしょう。

  • バストトップ
  • わき
  • ビキニライン
  • ひじ
  • ひざ
  • くるぶし

イビサクリームはデリケートゾーンに触れても問題がないほど刺激が少なく、同時に副作用も起きにくいため、ほかの部位へ継続的に塗布しても大丈夫です。

「デリケートゾーンを綺麗したいけど、ほかの部位も気になる…」という人はイビサクリームを使い、全身を綺麗にしましょう。