イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムで効果勝負

デリケートゾーンの黒ずみをケアするためのアイテムとして知名度の高いイビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアム。
知名度の高さは同じくらいですし、どちらにも美白成分が入っていますし、グリチルリチン酸2Kという炎症を鎮める成分もどちらにも配合されています。
自分のデリケートゾーンケアをするにあたって、どちらにしようか決めかね、両方使うことにしました。

両方使うと言っても、重ね塗りをするわけではありません。
重ね塗りをしてもいいのですが、そうすると、黒ずみが薄くなった時にどちらの効果で薄くなったかがわからないですよね。最終的にはどちらか一方にしぼって使い続けるつもりでいるので、

デリケートゾーンの右側→イビサクリーム
デリケートゾーンの左側→ホワイトラグジュアリープレミアム

このようにデリケートゾーンの右側と左側で塗り分けることにします。

デリケートゾーンの右側か左側かどちらかだけ薄くなったらどうしよう…とは思いました。が、その時には効果のあったほうを逆側にも塗ればいいので、塗り分けてイビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムの効果対決をすることが決定しました。

ホワイトラグジュアリープレミアムはメラノサイトまで届く

知ってる人も多いかとは思うのですがホワイトラグジュアリープレミアムが知名度を上げたのはバストトップ=乳首への効果の高さゆえです。
デリケートゾーンの黒ずみと同じくらい黒い乳首に悩む女性は多く、雑誌やテレビに紹介されたことも手伝って、ホワイトラグジュアリープレミアムは使ってみたいバストトップケア商品第1位やクチコミ総選挙AWARDボディケア美白部門やモンドセレクション金賞に輝いたのです。

ということで、ホワイトラグジュアリープレミアムは説明するまでもなくバストトップケアアイテムなのですが、顔・脇・ひじ・膝・ビキニラインなど全身に使えると公式通販サイトで明言されています。
それから、株式会社美彩のホワイトラグジュアリープレミアムの商品ページにて、「バストトップ、デリケートゾーンをはじめ」という1文を確認することができ、デリケートゾーンにも使えることがわかります。

とはいえ、人気バストトップケアアイテムであるホワイトラグジュアリープレミアムをどうしてデリケートゾーンに使おうと思ったのかという話になりますよね。
ひとえに、成分と浸透度に魅力を感じたからです。

ホワイトラグジュアリープレミアムに配合されている黒ずみに対する有効成分はスーパーVCTです。スーパーVCTとは、簡単に言うと、

  • 生のビタミンCであるアスコルビル酸Na→即効型
  • 水溶性ビタミンCであるリン酸アスコルビルMg→中間型
  • 油溶性ビタミンCであるテトラヘキシルデカン酸アスコルビル→持続型

上記の3種類のビタミンCを独自処方しているということで、通常のビタミンCと違って、即効性も持続性もその中間も兼ね備えているということです。
もともと、ビタミンC誘導体のようなビタミンC系の美白成分と肌の相性が良いタイプなので、スーパーVCTという成分が配合されているホワイトラグジュアリープレミアムを使ってみたいと思うようになりました。

それから、ホワイトラグジュアリープレミアムは、黒ずみの正体であるメラニン色素を生産する細胞・メラノサイトが存在する基底層まで届くそうです。
基底層というのは、皮膚の一番上層で私達が肌と認識している角質層の下に位置する皮膚の層で、基底層まで届くと言い切っている製品はなかなかありません。

どんなに良い成分も浸透しなければ効果を発揮しないと思うので、水溶性ビタミンCであるリン酸アスコルビルMgは基底層まで浸透すると図を使って説明しているホワイトラグジュアリープレミアムは効果がありそうだと感じました。

イビサクリームは説得力の高い黒ずみケア成分を配合している

イビサクリームはホワイトラグジュアリープレミアムと違い、バストトップケアアイテムだけれどもデリケートゾーンにも使えるという製品ではなく、もとからデリケートゾーン用に開発された製品です。そのため、よりいっそう安心してデリケートゾーンに使えます。

ホワイトラグジュアリープレミアムの成分や浸透度に魅かれるものはありましたが、デリケートゾーンに使えるとしてもバストトップケアアイテムの印象がどうしても強いため、デリケートゾーン専用品も使いたかったのです。
それで、デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムとして雑誌やスキンケア大学に掲載されているイビサクリームに白羽の矢を立てました。

イビサクリームのメイン美白成分はトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は厚生労働省が認めている美白成分のひとつであり、かつ、肌への何らかの効果が認められると名乗ることができる医薬部外品でもあります。
この場合の肌へ何らかの効果とは美白効果です。
つまり、イビサクリームには、肌への美白効果が認められている成分・トラネキサム酸が使われているということで、黒ずみを薄くするケアアイテムとしてとても説得力があると感じました。

それと、イビサクリームの公式通販サイトを見ると、デリケートゾーンが黒ずんでいるのはダメージを受けた皮膚の中でメラニンが過剰に発生している、だから、メラニンの生成を抑えて保湿しつつ肌を整えることが大切との説明が書かれています。
この説明がわかりやすく、しかも、その大切なことのために必要な成分が既出のトラネキサム酸ともうひとつグリチルリチン酸2Kだという点もわかりやすかったので、よりいっそう説得力を感じました。説得力の高さもイビサクリームを選んだ決め手です。

イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムの比較

イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムを実際に自分のデリケートゾーンに塗った効果を比較する前に、基本情報の比較をしておきます。
効果の有無は大事ですが、価格や送料や容量などコスパに関わる情報もとても大事なことですよね。

イビサクリーム ホワイトラグジュアリープレミアム
定価 税込7,560円 税込9,980円
イビサクリームのほうが安いですね。しかしながら、定期購入を選択すると割り引かれるのでそちらの価格を見てみましょう。
定期購入価格 税別4,970円 税込5,980円
上記は各公式通販サイトから引っ張ってきた数字なので税別と税込とに分かれています。イビサクリームを税込に直してもイビサクリームのほうがやっぱり安いですね。
送料 360円 540円
単品購入した場合の送料です。これについてもイビサクリームのほうが安いです。配送業者の違いでしょうか。どちらも定期購入を選択すると送料無料になります。
容量 35グラム 25グラム
イビサクリームのほうが10グラム多い容量です。ホワイトラグジュアリープレミアムは高くても容量が多いのかな?と思っていたらそんなことはありませんでした。

イビサクリームもホワイトラグジュアリープレミアムも全身に使えるケアアイテムです。
デリケートゾーンを使うことを前提にしているイビサクリームとバストトップに使うことを前提にしているホワイトラグジュアリープレミアムとでは想定している1回の使用量が違う(単純に考えて、バストトップだけとデリケートゾーンとだったら前者のほうが使用量は少ないはずです)ので、容量にこれだけ差があるのかもしれません。
何にせよ、イビサクリームのほうがコスパ葉良さそうです。

ホワイトラグジュアリープレミアムのメーカーは美容系の会社

ホワイトラグジュアリープレミアムのメーカーである株式会社 美彩は、ホワイトラグジュアリープレミアム以外にもスキンケア商品やバストアップ商品やダイエット商品やヘアケア商品やサプリメントなどを販売しています。
言わば、美容系の会社です。

コンプレックスに悩む人を1人でも笑顔にしたいという考えのもと、コンプレックスを解消のサポートをする商品を取り扱っているとのこと。
美容系の商品を色々作っているメーカーという意味で信頼に足るメーカーかつ商品だと思われます。

個人的には、ホワイトラグジュアリープレミアムの容器が気に入りました。
イビサクリームと同じチューブなのですが、プッシュ式の内ブタがついていてプッシュすると1回の使用量が出てくるという優れ物です。出し過ぎなくて良いです。
あとは、

定期購入累計回数1~3回:通常会員→税込5,980円
定期購入累計回数4~7回:ブロンズ会員→5パーセントオフの税込5,680円
定期購入累計回数8~12回:シルバー会員→10パーセントオフの税込5,380円
定期購入累計回数12回以上:ゴールド会員→15パーセントオフの税込5,080円

上記のように、定期購入を選択して続ければ続けるほどお安くなるのは嬉しいポイントですね。
ただ、定期購入を選んでも、支払方法を代引にすると手数料の324円を取られてしまうのが残念ポイントです。
送料は無料になるのですが。定期購入だと送料も手数料も無料というケースが多いので、たかが324円といえどされど324円です。

イビサクリームはブラジリアンワックスエステが開発

イビサクリームのメーカーである株式会社ファイブテイルズは異色のメーカーです。
化粧品や美容系の商品を取り扱っているメーカーというわけではないのが異色かな、と。実は、ブラジリアンワックスエステを運営している会社なのです。

ブラジリアンワックスというのは、ブラジル名物サンバの露出度の高い衣装を着用する際のムダ毛処理のために生み出されたワックスによる脱毛法です。
ヘアワックスのようなケミカルな物ではなくハチミツなどのナチュラルなワックスを肌に塗って専用の用紙を塗った場所に重ねて一気にはがすとムダ毛が抜けます。
そういうブラジリアンワックスのエステであるイビサワックス(Ibiza Wax)が開発したデリケートゾーン専用黒ずみケア用クリームだからイビサクリームという名称なんですね。

ブラジリアンワックスのメニューにはVIOつまりVラインIラインOラインといったデリケートゾーンへの施術もあり、実に数千人ものデリケートゾーンを間近で見てきた経験値がイビサワックスにはあります。
デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性達も間近で見てきたということで、そういう女性達の力になりたいとデリケートゾーン専用黒ずみケアアイテムを1から開発したのですから、ものすごいパワーです。
開発するだけにとどまらず、製品化に成功した上に人気を博しているアイテムにまでなっているわけですし。

ブラジリアンワックスエステというデリケートゾーンの黒ずみに関わる職種の人が開発したからこそ、トラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kという黒ずみを改善する上で説得力を持つ成分を配合できたのでしょう。

イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムを塗る前

お待たせしました、イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムの効果比較報告です。が、しかし、先にイビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムを塗る前の状態についてお話しさせてください。

主観ですが、デリケートゾーンの右側と左側の黒ずみはどちらも同じくらい黒ずんでいて、スタートラインが違うなどということはないと思われます。
よって、イビサクリームを塗ったデリケートゾーン右側のほうが黒ずみが薄かった、ないし、ホワイトラグジュアリープレミアムを塗ったデリケートゾーン左側のほうが黒ずみが薄かった、ということはありません。画像で確認いただくとわかるくらいには黒ずんでいます。

それと、使ったのはイビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムだけです。
他のアイテムも一緒に使うというようなことはしていませんし、イビサクリームにしてもラグジュアリープレミアムにしても、朝晩2回、同じくらいの量になるように気をつけながら塗っていました。

イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアム経過報告

いよいよ、イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムの効果比較報告本番です。
最初の画像は【1週間後】です。効果の比較の報告ではありますがここでは【1週間後】と【2週間後】の報告なので経過報告に近いです。

1週間後

頑張って写したのですが画像にするとビフォー画像と大差ない感じですね。
実際、黒ずみに関する大きな変化は、イビサクリームを塗った側(右側)にもホワイトラグジュアリープレミアムを塗った側(左側)にもありません。

黒ずみに関する変化は感じられないものの、手触りが良くなりました。
気づかないうちに乾燥していたのかもしれません。イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムを塗ることで保湿されてすべすべになった感じがします。美白力はまだわからないものの、保湿力についてはイビサクリームもホワイトラグジュアリープレミアムも満足できました。

2週間後

こちらも頑張って写したのですがわかりますでしょうか?
右側、つまり、イビサクリームを塗った側の黒ずみのくっきり度が若干減ってきているのです。
左側、すなわち、ホワイトラグジュアリープレミアムを塗った側の黒ずみも薄くなっているような気はします。が、イビサクリームの側とくらべると「薄くなった?」と疑問形になってしまいます。

思うに、最初の1週間目で保湿されて、乾燥という刺激を受けて生産されていたメラニン色素の生産が止まったか、ゆるやかになったかしたはずです。
それで、2週間目から効果が出始めたのではないかなと。3日坊主という言葉がありますけれども、デリケートゾーンの黒ずみケアは3日で挫折してはダメですね。

さあ、最後は、イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムを使った【1か月後】と【2か月後】の報告です。まずは、【1か月後】のほうから。

1か月後

これを写した時、結構なハイテンションでした。
というのも、黒ずみが薄くなってきているのがはっきりと肉眼でわかったからです。

特に、右側、イビサクリームを塗った側の黒ずみが薄くなっています。左側、ホワイトラグジュアリープレミアムを塗った側の黒ずみも薄くなってはいますが、イビサクリームほどではないのがわかるでしょうか?
ひとまず、イビサクリームもホワイトラグジュアリープレミアムも、デリケートゾーンの黒ずみを解消する効果があることはわかりました。
そして、そのデリケートゾーンの黒ずみ解消効果はイビサクリームのほうがありそうという状態が、この【1か月後】の画像です。

2か月後

あえて繰り返します。
デリケートゾーンの右側に塗ったのはイビサクリーム、デリケートゾーンの左側に塗ったのはホワイトラグジュアリープレミアムです。
黒ずみが薄くなっているのは、そうです、イビサクリームのほうです。

ホワイトラグジュアリープレミアムのほうもちゃんと黒ずみが薄くなってはいます。
ただ、どちらがより黒ずみを解消しているかということになると、イビサクリームのほうだと結論づけられます。

【結論:イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムとでは、どちらも黒ずみを解消できるが、イビサクリームのほうがより黒ずみを解消できる】
ということがわかりました。参考になれば幸いです。

イビサクリームとホワイトラグジュアリープレミアムの比較早見表

イビサクリーム ホワイトラグジュアリープレミアム
単品購入価格 税込7,560円 税込9,980円
定期購入価格 税別4,970円
クレジット決済で500円引き
税込5,980円
送料 360円
定期は無料
540円
定期は無料
定期の“縛り” 2回 3回
容量 35グラム 25グラム
1グラムあたりの価格 128円 239円
決済方法 クレジットカード
コンビニ後払い
クレジットカード
代引、コンビニ後払い
形状 クリーム クリーム
容器 チューブ プッシュ式チューブ
返金保証期間 28日間 90日間
有効成分 トラネキサム酸
グリチルリチン酸2K他
スーパーVCT
グリチルリチン酸2K他
保湿成分 ヒアルロン酸、グリセリン
BGなど8種
ヒアルロン酸
プラセンタなど7種
無添加かどうか 合成香料、着色料
鉱物油など不使用
アルコール、着色料
パラベンなど不使用
香り ほぼない ほぼない
メーカー名 株式会社ファイブテイルズ 株式会社 美彩