イビサクリームにはたくさんの成分が配合されており、どれもデリケートゾーンの黒ずみ解消に役立ちます。中でも有効成分に指定されたものは効果が出やすく、イビサクリームの有効成分の1つが『グリチルリチン酸2K』です。

このグリチルリチン酸2Kにはどんな効果があるのか、イビサクリームのことを知るためにも詳しく見ておきましょう。

イビサクリームの有効成分であるグリチルリチン酸2Kの効果について

最初に、グリチルリチン酸2Kの概要について説明いたします。

グリチルリチン酸2Kの概要と黒ずみ解消に使われるまで
グリチルリチン酸2Kは漢方薬にも使われる、カンゾウ由来の成分です。抗炎症作用があるため風邪薬や抗アレルギー剤に使われ、肌荒れ用の塗り薬にも用いられます。

イビサクリームはこのグリチルリチン酸2Kを含むことで炎症による肌荒れを防止し、綺麗な肌に戻すための手伝いをしてくれるでしょう

いくら黒ずみが白くなっても肌荒れが残っては意味がありませんので、グリチルリチン酸2Kは『綺麗な色と健康的な肌』を両立するために欠かせません。

イビサクリームが人気なのは、「色が綺麗になって肌荒れもない!」という点が大きく関係しているのです。

有効成分とその他の成分の違い

イビサクリームは化粧品ではなく医薬部外品に分類されており、その成分表は『有効成分』と『その他の成分』に分けて表示されます。

なぜ分けて表示するのかと言えば、以下のような違いがあるからです。

有効成分について
有効成分とは『厚生労働省が効果を認めた成分』であり、この成分が一定以上の濃度で含まれていると、医薬部外品として認められます。
有効成分はその他の成分に比べて効果が出やすく、特定の症状を予防したり、進行を遅らせたりできるでしょう。
その他の成分について
厚生労働省が有効だと認めたわけではありませんが、独自の研究結果により効果が確認できていたり、使用感を変更したり、『その製品ならではの特徴を持たせる成分』です。
有効成分ほどの確実性はありませんが、今後の研究や成果により有効性が認められる可能性はあるため、配合内容によっては期待できるでしょう。

医薬部外品として認められると、『有効成分による効果』を宣伝することができます。イビサクリームはグリチルリチン酸2Kによる抗炎症作用、そしてトラネキサム酸による黒ずみ防止により、『デリケートゾーンの美白』が効果として認められているのです。

どうして肌荒れが黒ずみにつながるのか?

グリチルリチン酸2Kの抗炎症作用が肌荒れ防止に役立つのはお分かりいただけたと思いますが、この効果は単純に肌荒れを防ぐだけでなく、黒ずみ防止にも役立つのです。

炎症によって肌にトラブルが発生すると、いつかは治まるでしょう。しかし、炎症が治ったあとには黒ずみが残ることが多いように、この現象を『炎症性色素沈着』と呼んでいます。

つまりは炎症による肌荒れも黒ずみの原因を作っているため、この炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kは、デリケートゾーンに欠かせない成分なのです。

デリケートゾーンに炎症と黒ずみが発生しやすい理由

一見すると常に守られていてトラブルが起きにくそうなデリケートゾーンですが、実際は違います。以下のような原因もあって、ほかの部位以上に炎症が起こりやすいのです。

  • 下着による締め付け
  • 動きによる摩擦
  • 蒸れ
  • 脱毛処理

下着はデリケートゾーンを守る重要な存在に見えて、製品の質が低かったり、自分に合っていないサイズを履いていたりすると、逆に炎症を招くでしょう。

しかし、グリチルリチン酸2Kを含むイビサクリームを塗ることで、普段通りの生活をしていても炎症が起きにくくなり、結果として黒ずみの原因を防げるのです。

イビサクリームの有効成分は副作用を起こしにくく安全

もしもデリケートゾーンに問題が発生した場合、体中に悪影響を及ぼします。ゆえに『副作用が起きやすい美白クリーム』では、黒ずみ解消どころか新しい問題につながるでしょう。

ですが、イビサクリームに含まれる成分は安全なものばかりであり、有効成分であるグリチルリチン酸2Kも副作用は起きにくいです。しかもグリチルリチン酸2Kは炎症を防ぐことでかゆみなども予防しやすく、デリケートゾーンの清潔さも保てます。

安全に使えるイビサクリームなら長期間の利用でも問題はなく、無理なく黒ずみ解消ができるでしょう。